屋根塗装の時期と工法

屋根は、大切な家を守っています。
屋根塗装をせず放置した場合、雨水が内部に浸入して雨漏りを起こし、建物内部を傷めてしまいます。
外壁と異なり、目にする機会も少ないため、見落としがちですが、屋根の劣化を放置すると塗装だででは済まなくなり、重ね葺き(カバー工法)や葺き替えをする必要が出てきて、高額なリフォームになってしまうことがあります。

雨漏りを起こす前に屋根塗装で予防しておきましょう。時期の目安は、外壁塗装とおおむね同様です。
横浜金子塗装で塗り替えを行う場合は、外壁と屋根を同素材での施工をご提案しております。

たとえば、フッ素系であれば、外壁・屋根共にフッ素系の塗料で施工しますので、同じタイミングで次回の塗替えを行うことが理想です。選ばれる塗料によって、次回の施工時期が変わることになります。
塗料についての詳しい説明は、塗料と料金のページでご説明しています。

すでに雨漏りをしている場合は、早急にご相談ください。

少しでも気になる点がございましたら、ぜひ金子塗装にお声かけください。

屋根がこんな状態ではありませんか?

1.つやがない

2.   塗膜がなくなって素地が見えている

3. コケがはえている

4.   屋根材の割れなど、損傷が大きい

対処の方法

■写真1~3の場合は、屋根塗装工事。写真4の場合は、葺き替えやカバー工法が必要です。
塗装には、屋根からの雨漏りを止めることができません。

屋根塗装

外壁塗装と同様に屋根に塗料を塗る工事です。高圧洗浄後、下地処理を行い下塗り中塗り上塗りと塗り重ねていきます。
費用も安価で、工期も短く済みます。現在の屋根塗料は、遮熱効果も高いため、暑さ、寒さ対策にもなります。


カバー工法・葺き替え

屋根の下葺き素材の劣化による雨漏りの場合は、下葺き素材の葺き替えあるいはmその上から素材を重ねるカバー工法による工事が必要になります。

カバー工法

元の屋根を撤去することなく、その上から新しい屋根材を取り付けて覆うのがカバー工法です。
葺き替えに比べて安価で施工期間も短く済みます。
ただし、下地の劣化の状態でカバー工法では行えず、葺き替えをしなくてはならない場合もあります。


葺き替え

傷んだ屋根材を取り外し、新しい屋根に乗せ替える工法です。

屋根材だけでなく、下地である野地板や防水シートも一緒に取り換えるのが一般的です。屋根が新しくなるので建物の耐久性が向上します。

横浜金子塗装では塗装だけでなく、カバー工法による工事や葺き替え工事も対応しております。
お困りの際は、まずご相談ください。

横浜・藤沢・鎌倉の外壁塗装は金子塗装へ

株式会社金子塗装

〒244-0003
神奈川県横浜市戸塚区戸塚町2021-1ホーユウパレス戸塚テナント
0120438988
施工エリア:神奈川県・東京都

各種カードご利用になれます

PayPay ペイペイでお支払い
WAON

個人情報保護方針

Copyright (C) 金子塗装 All Rights Reserved.